ホーム > スタッフブログ > スパイラルガーデン > イングリッシュガーデン植込み

スタッフブログ

今日はD-GARDENの武内先生に来ていただき、イングリッシュガーデンの植え込みに着手しました。

 

入口看板がこれからバラのアーチに彩られていくことになります。

 

まずはバラの苗を植えるための下地づくりから。

50cmぐらいの深さに穴を掘り、肥料(牛糞、合成肥料)を入れます。

 

 

下地ができたところに、1年ものの苗をセット。

 

ゲートに沿ってバラの枝を這わせていきます。シュート(枝の伸びが幹から出ている部分)をゲート方向に向けて、面をつくるように這わせます。

今年の終わりには上の方まで伸び、約1年後にはアーチの形ができあがります!

 

バラ種は、5月には香りが豊かな白い花を咲かせる「モンジャルダン・エマメゾン」。

今後の成長が楽しみです。 ( ^ _ ^ )

 

彩賓館スタッフも先生にレクチャーいただきながら、アベリアの植え込みに参加しました。

土を耕して、肥料を入れ、苗を植えました。

今回植えたアベリアは「ホープレイズ」という種類で、緑の葉の周りが黄緑色に縁どりされていて、

鮮やかな色合い。

花を咲かせるのは6月頃から約3月間。

 

苗植えを終え、下地作りから悪戦苦闘していたスタッフの口からは「あの苗」から「あの子たち」

に呼び名が変わっていました。自分が手がけた植物には愛着がわくものですね。

 

4月中旬には入口のモニュメント前にガーデニングを行います。

ここには赤い花を咲かせる四季咲きのバラ「バッシーノ」を予定。冬にはローズヒップの実がなります。

 

ゴールデンウィークには先生によるガーデニングについてのイベント等も企画しています。

お楽しみに! ( ^ _ ^ )

竹内

CATEGORY

NEW ENTRY

ARCHIVES