fbpx

スタッフブログ

2010/4/14

金沢にて

彩賓館北川です。

今日・明日と久々に連休をいただきました。
旅を生き甲斐としている私、日帰りで金沢に行ってきました(^-^)

住宅プランナーとしての一番の目的は金沢21世紀美術館です。
ちなみに冒頭の写真は、美術館内ミナ・ヘルポネンのデザイナー
皆川さんの作品。今デザインの最前線で活躍している方の作品を
積極的に取り上げ、日本中から多くの来場者を集めている美術館です。

しかも、こちらの建物を建設したのが、妹島和世さんと西沢立衛さん。
今年建築のノーベル賞とも言われる、プリツカー賞を受賞した
今世界中から注目されている建築家です。

写真を見てわかるように、建物の特徴は全面ガラス貼り。誰にでも
開かれたスペースであることを強調しています。実際に特別展以外は
入場料は無料。お洒落な雑貨屋さんや図書館など、住宅だけでなく
あらゆるデザインや美術に興味のある人なら丸一日楽しめる場所です。

また、全体が円形のフォルムをしていて、至る方向に入り口がありました。
正面とか裏口とか、そういった区別すらしない、完全オープン美術館でした。

と、お仕事関係の勉強もしつつ、残りの時間は個人的な楽しみを…

21世紀美術館は金沢市のど真ん中。
その横には日本三大庭園の兼六園があります。

三重県の桜はほとんど散ってしまいましたが、金沢の桜は散りはじめ。
場所によっては、きれいな桜を楽しめました(^-^)

庭園のきれいに整備された苔の上に落ちる桜の花びら。絵になります。

兼六園すぐ近くには、こんなアンティークなレンガ積みの建物も。
加賀百万石から続く町の歴史の長さと豊かさを実感です。

そしてお昼は近江町市場で海鮮丼!
日本海の幸が山盛りです(^-^)

午後からは、ひがし茶屋街へ移動。京都の祇園のような雅やかな場所。
電柱も埋設され、すっきりとした美しい町並みに、お土産物屋さんがぎっしり。

茶屋街のはずれにあった、お麩屋さんとトンボ玉屋さん。
ベンガラ塗りの建物がとってもきれいでした。

昔ながらの玄関。海外からの観光客がたくさんいたのも納得。
写真では春うららのような感じでしが、実際の気温は8度くらい…
冷たい風が常に吹き付ける、桜の季節とは思えないような寒さ。

でも、歴史ある町を満喫してきました!

こちらは番外編

帰りに寄った、桑名のイタリアン“モトリーノ”での晩ご飯の様子。
自家製のジューシーでスパイシーなソーセージ。

何をたべてもハズレがないお店ですが、一番おいしいのはピザ!
こちらはプレーンピザのうえに、生ハム・ルッコラ・モッツァレラ・トマトを
トッピングしたサラダ感覚のインサラート。

こちらはキノコたっぷりのピザ。薄く伸ばされた生地なんですが
モチモチとした食感がしっかり残っていて、それでいて端の部分はカリカリで…

とにかく、大好きなお店で、ことあるごとに通っています。

北川

CATEGORY

NEW ENTRY

ARCHIVES